2007年11月15日

黒誕彩

5αリダクターゼを抑制する育毛剤、プロペシアには副作用(男性機能障害)が表れる場合があるといわれています。
しかし、黒誕彩はフィトステロールが毛母細胞のみの男性ホルモン作用を抑制するので副作用の心配もありません。
医師が開発し、国立病院でも使用されている商品です。
posted by 5αレダクターゼ at 00:00| Comment(17) | TrackBack(0) | 育毛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

欠乏

5αレダクターゼが欠乏している人は、男性ホルモン性脱毛症にはならないそうです。
なぜならテストステロン(男性ホルモン)からDHT(ジヒドロテストステロン)へとカラダが転換できないことが原因です。
男性ホルモン性脱毛症は、5αレダクターゼの活動が通常よりも活発になるので、DHTの量が結果的に増えるのです。
posted by 5αレダクターゼ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 5αレダクターゼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。