2007年11月05日

欠乏

5αレダクターゼが欠乏している人は、男性ホルモン性脱毛症にはならないそうです。
なぜならテストステロン(男性ホルモン)からDHT(ジヒドロテストステロン)へとカラダが転換できないことが原因です。
男性ホルモン性脱毛症は、5αレダクターゼの活動が通常よりも活発になるので、DHTの量が結果的に増えるのです。
【関連する記事】
posted by 5αレダクターゼ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 5αレダクターゼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。